読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Favoritesサイト「生まれ年のワインをプレゼント」にかんする情報

生まれ育った場所を離れ、都会を目指す。
そんな若者像は変わりつつある。
労働政策研究・研修機構の分析では大学進 学や就職時に、地方から東京、大阪、名古屋の三大都市圏などに流出する人の割合は若くなるにつれ減っている。
大学卒以上の男性では、50代では57%だったのが20代では38%だ。
リクルートキャリア就職みらい研究所の岡崎仁美所長も国際的に見ても日本の地元志向は強くなっていると指摘する。
なぜだろうか。
一番は親の影響。
少子化でみんな長男長女という時代ですからと語るのは、熊本大学キャリア支援課長の日和田伸一さん。
同大では三大都市圏に就職する学生は10年前に約3割いたが今は2割に減った。
金沢大学では石川県内の就職率が10年前より5ポイント増え34%になった。
留学を経験し、全国や海外で活躍する層と二極化する傾向があるという。
大学進学でも同様の傾向がみ られる。
北九州の青年が上京する姿を描いた五木寛之氏の小説青春の門の舞台となった早稲田大学は、奨学金学生寮の拡充など地方学生支援に取り組む。
にもかかわらず、なかなか効果はあがらない。
今はお母さんが特に息子を手放さない。
子どもの方も親の期待に応えている様子がうかがえる。
就職情報サービスのマイナビの2015年の調査では地元就職を希望する理由は両親や祖父母の近くで生活したいからが1位。
岡山県出身で地元の大学に通い、就職も地元を考えている樋口晴加さんは家族の近くがいい。
親や自分に何かあったときに安心。
親も遠い地域での就職は望んでいないと話す。
若者の地元志向は人口減に悩む地域には希望の星だ。
そのため、行政はつなぎとめに必死と なっている。
気になるFavoritesサイト「生まれ年のワインをプレゼント」にかんする情報です。
生まれ年ワインプレゼント
私もこれが一番いいと思っていたので大満足。
そして、誕生日の会の当日、渡す役を仰せつかったのはこの私。
チョッと渡すときに緊張して手が震えましたが、無事に渡すことが出来ましたよ。
もちろんすぐに開けて下さって、とっても、とっても喜んで下さって、私も嬉しかったです。