読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラーは画像の新生児用インファントインサート

紅のブログ……三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手銀行株が 急騰し、住友不動産など不動産株も値を飛ばした。
日経平均は2カ月半ぶりに1万7500円台を回復。
直近4日間の上げ幅は1300円近くに達する。
久々に主だったマクロ系の人たちがそろい踏みですね。
ある大手証券の幹部はこう明かす。
マクロ系とは金融政策など経済政策の方向を予想し、株や通貨などを一方向に取引するヘッジファンドのことだ。
2012年末から円安・株高に賭けるアベトレードを仕掛けたが、昨年半ばから日本株市場ではとんと姿を見なくなっていた。
急に動き始めたのは先週末からだという。
来週の会合で日銀が動かざるを得ないと踏んで先回りして日本株を買い、相場を押し上げる原動力になったようだ。
日銀ウオッチャーと呼ばれる日銀の金融政策を予測する専門家た ちはどうみているか。
主要証券10社のエコノミストたちの最新の予想を調べたところ、10人中6人が次回会合で緩和ありと予想している。
従来は6月の追加緩和を予想していたゴールドマン・サックス証券の馬場直彦氏は今週、追加緩和の予想時期を4月に前倒しし、ETFの買い入れを現在の2倍強の7兆円程度に増やすのではないかとみる。
部分的な緩和実施や、確率は低いが可能性ありとする2人を加えると、8人が緩和はあり得るとみている。
これだけ多くが緩和ありに傾くのは異例だ。
だが海外ファンド勢の日銀プレーに支えられた相場上昇は、どこか危なっかしいのも事実だ。
マクロ系ファンドたちが日本株市場で多用するのは、先物やオプションなどのデリバティブ
彼らが主導す る日銀プレーの盛り上がりを映し、日経平均オプションのコールの建玉が着実に積み上がってきている。
レコメンド・メッセージです!
エルゴの抱っこ紐、カラーは画像の新生児用インファントインサートが#ナチュラルで、ほかに#グレーも用意されています。
また、素材もコットンとメッシュの2タイプがあります。
赤ちゃんの首をしっかりとホールドしてくれるので、新生児でも安心して抱っこが出来ますよ(^^♪
抱っこ紐 新生児